歌詞

のぞみ

樋口了一

作詞
岡村幸彦
作曲
樋口了一

のぞみ のぞみ 少しだけ早く

少しだけ小さく 生まれてきた大切な命


君が宿ったと聞いたとき ぼくらは抱きあってよろこんだ

あの日 生まれた君はちょっとだけ 他の子と違っていたんだ

2歳の誕生日が近づくと まわりの友達は走り回り

楽しいおしゃべりが もう始まっていた

せめてひとこと「つらい」とだけでも言ってくれたら


君はゆっくりな子だって ある日ぼくらは気が付いたんだ

それなら君が育つよろこびが ゆっくりと長く続きますように


のぞみ のぞみ 少しだけ早く

少しだけ小さく 生まれてきた命

のぞみ のぞみ 少しでも幸せに

君を愛するたくさんの人たちに かこまれますように


痛いなんて決して言わずに 君はいつもがまんするのに

誰か悲しそうにしていると 涙を流してくれるよね

16歳になった君には 足し算さえもやっかいだけれど

そんなことより もっと大切なもの

神様からいつでも もらっているんだね


パパは大きな傘を一つ ママは小さな傘をたくさん作ります

君の人生に冷たい雨が かからないように


のぞみ のぞみ 君は生まれてきた

その胸にぼくらへのメッセージを抱いて

のぞみ のぞみ 君の微笑みは 教えてくれる

命の尊さ 命の美しさ 命のすばらしさを

提供: うたまっぷ