歌詞

V.I.P

シド

作詞
マオ
作曲
御恵明希

憧れを 今 掴んだ

大歓声の鉛に 心地よく撃たれたなら

さあ 飛び込もう


明日から生まれ変わるとか 誰かが見切りつけたとか

この街のスタイルとか


そんなものに流され続けて 角の取れた原石には

きっと 誰も用はない


不思議と 扉の向こうには V.I.P 名乗るやつはなく

誰もが 苦悩の果てさ


憧れを 今 掴んだ

身を委ねればいい 舵はこの手に

3つ数えて The show time

大歓声の鉛に 心地よく撃たれたなら

さあ 飛び込もう


下を見て 笑うよりも 上を見て 絶望したい

「もっと」 口癖がいい

音に数字をつけたがる 嗅覚に長けた あの人へ

今 俺はいくつだい? 聞かせて


不思議と 扉の向こうには V.I.P 名乗るやつはなく

誰もが 苦悩の果てさ 俺も


スタッカートに 刻んだ

歯切れよく歩いた 道じゃないけど

そっと 願いをこめた

あの日の少年は 今 この景色 何、想うだろう?

さあ 撃ち抜け


憧れを 今 掴んだ


身を委ねればいい 舵はこの手に

3つ数えて The show time

大歓声の鉛に 心地よく撃たれたなら

さあ 飛び込もう

提供: うたまっぷ