歌詞

三角お屋根と哀れな小熊

D

作詞
ASAGI
作曲
Tsunehito

「これからお目にかかるは獣の一座」


踊り子は皆 長い旅をし次から次の街へ

三角お屋根の下で私は喝采を浴びお辞儀をする


ある日聞こえたシマシマとミズタマがしているお話

あの子はママを撃たれた可哀想な子だと言っていた


私のいる世界は 私の知る家族は ミセモノ ニセモノ


水桶に映る哀れな小熊


知らずにいた方がもしも幸せだったとしても

真実を知った今は子供でさえわかる

知らぬフリで大人達は今日も明日も踊るでしょう

この家を出られる時はもう動けないのに


月の光が零れる藁のベッド ついにお別れ

うっかり鍵をかけ忘れたおじさんの目を盗んで


私が生まれた森 私が出逢う仲間 イキタイ アイタイ


転がった林檎がちっぽけに見えた


どんな凄いご褒美より美味しい空気を

お腹いっぱいに吸い込んだらきっと思い出せる

星が照らす舞台の上 ありのまま生きることの喜びを

空に伝えて森と生きてゆく


知らずにいた方がもしも幸せだったとしても

真実を知った今は子供でさえわかる

知らぬフリで大人達は今日も明日も踊るでしょう

そしてこの森で私も踊り続けるのでしょう

提供: うたまっぷ