歌詞

エンディング

back number

作詞
清水依与吏
作曲
清水依与吏

二人でいるといつでも 僕は僕の話ばっかりして

それでも君はいつでも 嬉しそうに 話を聞いてた


君が僕にしてくれた事は いくらでも思い付くのに

してあげられた事も 今言える言葉も 僕は見つけられずに


あの日二人で観た映画の エンディングみたいだねと

君がふと笑い出す 最後の最後になって今

君の代わりなど いないと 気付いたのに


寂しいも会いたいも しまい込んでは 微笑んだ君の

その顔を笑顔だと いつの間にか 思い込んでたんだろう


見慣れた服に見慣れない笑顔で 悲しいねと 言った後で

そっと僕の手を取って まっすぐ目を見て

ありがとうと つぶやいた


あの日二人で観た映画の エンディングみたいだねと

君がふと笑い出す 最後の最後になって今

君の代わりなど いないと 気付いたのに


会えないと 思うほど こみ上げてくる

同じ場所で 同じものを 見てたはずなのに

僕は一体 何をして いたんだろう

君にこんな 顔をさせるまで


あの日二人で観た映画の タイトルすらも僕は

思い出せないままで 最後の最後になってまで

君に何ひとつ してやれないんだね


あの日二人で観た映画の エンディングみたいだねと

君がふと笑い出す 最後の最後になって今

君の代わりなど いないと 気付いたのに


君の代わりなど 僕はいらないのに

提供: うたまっぷ