歌詞

彼岸

GREAT3

作詞
片寄明人
作曲
白根賢一

泣き疲れた その後に 僕がどうやって 歩き出すのか

それを見守ってる 近くて遠くから

心で 今も 君を感じてる わかるんだ


心臓の鼓動が変わることなく また今日も 波打ち続けるのは

当たり前だと思ってたけど 動かしているのは 自分じゃない


本当にその意味を理解したら 誰も皆 命を絶てはしない

魂の輝き この胸に預かってるんだ 最後まで共に歩こう


さよならが襟首をつかみ 残された胸を引き裂いた

どうして僕じゃなくて 君が先に行ったの?

こんなにも君が好きだった 逢えなくなってから気づいた

哀しき 愚か者を笑え


泣き疲れた その後に 僕がどうやって 歩き出すのか

それを見守ってる 近くて遠くから

心で 今も 君を感じてる


年を重ねることは残酷で 繰り返す別れにも慣れて行く

誰かのために 自分を捨てて 愛したい 諦めず 命燃やそう


壊れかけそうになりながら 明日すら見えやしないまま

いつか誰もが死んで行くこと 胸に刻もう

何もかもが想い出になる 笑ったり泣いたり もがきたい

後悔は 水に流して行こう


泣き疲れた その後に 僕がどうやって 歩き出すのか

それを見守ってる 近くて遠くから

心で 今も 君を感じてる


泣き疲れた その後に

心の内側 君を感じてる

わかるんだ

提供: うたまっぷ