歌詞

われは海の子

倍賞千恵子

作詞
不詳
作曲
不詳

われは海の子白浪の

さわぐいそべの 松原に

煙たなびく とまやこそ

わがなつかしき 住家なれ。


生れてしおに 浴(ゆあみ)して

浪(なみ)を子守の 歌と聞き、

千里寄せくる 海の気を

吸いて童と なりにけり。


高くはなつく いその香に

不断の花の かおりあり。

なぎさの松に 吹く風を

いみじき楽と われは聞く。

提供: うたまっぷ