歌詞

鯉のぼり

倍賞千恵子

作詞
不詳
作曲
不詳

いらかの波と雲の波

重なる波の中空を

たちばなかおる朝風に

高く泳ぐや鯉のぼり


開けるひろきその口に

舟をも呑まん様見えて

ゆたかに振るう尾鰭には

物に動ぜぬ姿あり


百瀬の滝を登りなば

たちまち竜になりぬべき

わが身に似よや男子(おのこご)と

空におどるや鯉のぼり

提供: うたまっぷ