歌詞

男の土俵

鏡五郎

作詞
二階堂伸
作曲
北くすを

櫓太鼓(やぐらだいこ)が 隅田の川に

どんと響けば 土俵の上で

男同士の 血潮はたぎる

負けてなるかと どんとぶつかれば

髷もみだれる 髷もみだれる大銀杏


今日はこの手か 明日またあの手

胸に思案の 土俵入り仕度

しめた回しを 両手でたたき

今日はやるぞと どんとしこふんで

笑い浮かべて 笑い浮かべて花道へ


無事にむかえる 千秋楽の

汗もにじんだ この十五日

今場所すんだが 来場所めざし

稽古かさねて どんと体当たり

男勝負の 男勝負の道を行く

提供: うたまっぷ