歌詞

ヒトツヒトツブ

サーターアンダギー

作詞
リョータ/waio
作曲
リョータ

会いたいとつぶやいてみた 儚い想い雪になって

ひとつの恋が終わった 冬がはじまる

あなたと観た映画はもう レンタルショップに並んだ

街中の全ての景色に 笑顔の2人がいた


ケンカになった時も 真っ赤な目をそらさないで

弱気な僕の背中を 押してくれてたね


ヒトツヒトツブノナミダ 思い出の数だけ

粉雪を溶かしながら 頬を伝っていく

僕らの1日1秒 体中に溢れてる

別々の道の上 踏み出せないままの僕がいる


すれ違う僕らの夢 いつの間にか減った会話

意地をはって何かを守ってた 大事なもの忘れて


時が戻せるなら 僕に何が言える

あなたの決意を変えること できはしないけど


ヒトツヒトツブノナミダ 思い出になっていく

あの日見えなかったもの 今なら見えるのに

語りあったあの夢には たどりつけないけれど

この恋がくれたもの 失くさないように歩いてく


ヒトツヒトツブノナミダ 思い出の数だけ

粉雪を溶かしながら 頬を伝っていく

僕らの1日1秒 体中に溢れてる

別々の道の上 踏み出そうとしている僕がいる

提供: うたまっぷ