歌詞

白昼夢

ピロカルピン

作詞
松木智恵子
作曲
松木智恵子

なぜか浮かんで来たのは

見たこともない田舎の風景


足の下には堅くて冷たい

昔からなじんだアスファルトが

月に照らされてる


揺れる稲穂と赤と黒のランドセルが今 並ぶ

笑顔で手を振る白い割烹着の夕暮れ時 笑う


息を切らして走り続けてる

とまらない電車の窓の外

見たこともない田園風景

なぜか懐かしさがこぼれた


ふと目覚めれば空しくも

跡形もなくのしかかる喧噪


足の下には堅くて冷たい

色とりどりに輝いたアスファルトが

ライトに照らされてる


揺れるネオンに赤と黒の欲望が渦巻く 都会で

僕は何をすればいい あの子はなぜ笑っているの 一人で


息を切らして走り続けてる

止まらない電車の窓の外

見たこともない田園風景

なぜか懐かしさがこぼれた

提供: うたまっぷ