歌詞

2年

神聖かまってちゃん

作詞
の子
作曲
の子

町を1つ歩く

顔はやつれてゆく

時折思うんだ君は優しすぎだよ

変わるがわる景色の中で

雨降りが僕をまた追いかけると

涙から涙がまた出てくる

約束を守れるわけないじゃんか

なんて言うなよ僕

またいつものようにさ

2年後に2年前の今の僕らを

笑い飛ばせるように

時折僕ら真ん中道歩けますように

赤い空夕暮れの屋根の下

笑い飛ばせるように

酒でも飲めばそんな事は

どーでもいいのさ

負け組


若い時は僕は、

若い時は僕は

もっとやってやれるような気がしてたんだ

町の隅で僕は、

町の隅で僕は

今にもこの首をちょん切ってやろうとしている

約束を破るわけないじゃんて

強がりを見せつけてても

にやにやしながら

見すかされてるんだろうな君には

2年後に2年前の今の僕らを

笑い飛ばせるように

時折僕ら真ん中道外れちゃってるんです

赤い空夕暮れの屋根の下

あの子も何処かにいる

時々そんな気もするんだ

そう信じたい


2年前も 僕は同じことを呟いたりしたよ

2年前も 僕は同じことを呟いたりしたのさ

だけど 何も 出来ないなら

もはや 何も 出来ないなら

今度こそは やってやると

思ったり願うのさ


2年後に2年前の今の僕らを

笑い飛ばせるように

時折僕ら真ん中道歩けますように

赤い空夕暮れの屋根の下

あの子も何処かにいる

時々そんな気もするんだ

そう信じたいのさ

夕暮れで光る街角さよならと僕に言う

こんにゃくみたいな奴だなんて思ったんだろうね

だけど僕 僕は行くのさ さよならと言わないで

そんな手には乗らないんだぜ

そんなバカじゃないぜ

提供: うたまっぷ