歌詞

RAINBOW

霜月はるか

作詞
高橋麗子
作曲
佐藤天平

どこまでも続いて行く キミとの旅路を空に描く


月の夜 語り合った 小さな夢たち

叶えようと 微笑んだね

揺れる火を囲みながら そっと交わした約束は


今でも忘れない 瞳輝かせた時を

大切な思い出だね


どこまでも続いて行く キミとの旅路を歩くよ

心に降る雨に 傘を差し出すから

水たまり飛び越えたら 笑顔の明日を探しに行こう

見上げた空 七色の虹を描いた


木漏れ日に包まれてた 優しい時間に

安らぎを見つけていたね

金色に輝くような 大事な時を過ごしてた


どんなにつらい時だって 必ずそばに居る

キミのこと見守るから


どこまでも続いて行く キミとの旅路を歩くよ

喧嘩した夜さえ 今は笑い飛ばそう

ひとすじの流れ星が 託した願いを叶えるように

時を越えて 天の川に橋をかけた


いつまでも続いて行く キミとの未来を描こう

踏みしめた土には 新しい道が始まる

水たまり飛び越えたら 笑顔の明日を探しに行こう

雨上がりに見上げた空 輝いてる

日の光が照らしている 七色に輝くRainbow

提供: うたまっぷ