歌詞

小さな頃から

jyA-Me

作詞
YUKI
作曲
恩田快人

小さな頃から 叱られた夜は

いつも 聞こえてきてた あの小さなじゅもん

静かに流れる 時にいつの日か

あたしは 眠れる森に 連れ去られてた


小さな頃から 見えない力で

あたしを強くさせる あの小さなじゅもん

たくさんの傷と 争う夜にも

抱きしめるたびに いつも震えて響く


すりきれた言葉達の かけらさえも もう

どこかへ 消えたわ

壊れそうなのは 夢だけじゃないの

窓から差し込む光 もう行かなくちゃ…


かわいた風に ゆきづまっても

こわくはないわ 1人じゃない


すりきれた言葉達を きっといつかまた

愛せる時がくるかしら

少し眠ったら 朝はまたくるわ

窓から差し込む光 もう行かなくちゃ…


ただ 歩く ひとごみにまぎれ

いつも なぜか 泣きたくなる

提供: うたまっぷ