歌詞

テテ

近藤晃央

作詞
近藤晃央
作曲
近藤晃央

失うことを恐れ過ごした僕の右手は

僕の左手と繋がれ、ただ願っていた


君の手を引いた僕のこの手は今僕の手を握るためにあるの?

分からないままでいいの?

「失ってから分かる大切なもの」じゃない

大切じゃないものは、失うこともないの


「何もできそうにない」もどかしさから "何かしたい"意思を感じながら

この手と手 ほどいてさ 自分だけじゃない世界へ


この手と手が掴めるものが2つだけなら

君の手と手を握り、君という1つがいいんだ

to I じゃないや Iじゃないや

こゝろ繋いでいたいや

to I じゃないや Iじゃないや

いつも繋いでいたいや


たとえ闇に覆われ見失ったとしても

結ばれた指先で消え去った訳じゃないの


瞬きする度 変わりゆく時代 目に見えないものばかり手にしたい?

それこそが闇でしょう?幻のような世界で


見えるものより触れられるものを守りたくて

見えないものより触れられないものを追いかけたくて

from eyeじゃないや eyeじゃないや

暗がり照らし出すのは

from eyeじゃないや eyeじゃないや

決して見えぬ温もりだ


君の手が震えて寂しそうで怖がっていた

手繰り寄せたその手は何故か僕の手より温かかった

何か奪い取る事も 失う事も 傷付ける事も

「愛しんだ」と呼ばれるだけの残酷さで


Thumb Up賛同 人差し指に止まれ

掌の運命なら 逆らってしまえ


この手と手が掴めるものが2つだけなら

君の手と手を握り、君という1つがいいんだ

to I じゃないや Iじゃないや

こゝろ繋いでいたいや

to I じゃないや Iじゃないや

いつも繋いでいたいや

提供: うたまっぷ