歌詞

55ページの悲しみ

増田恵子

作詞
竹内まりや
作曲
竹内まりや

留守番ついでに 部屋を片づけ始めた

机の上の本たち みんなほこりまみれ

ふと手にした時 舞い落ちた手紙ひとつ

あなたに宛てた きれいな文字に 心震えた

いけないことだと 言いきかせてみたけど

二人の仲なら 許してくれるわ

疑惑に勝てずに 祈る気持で開けば

秘密の愛の言葉に 涙がにじんでいった


昨日の日付に 初めて知る裏切り

こよなく愛した あなたは罪人

あなたに代われる 人も場所も見あたらず

何も知らない自分を装うだけが すべて

手紙を戻した あの55ページには

気づかれることのない 悲しみが眠っている

提供: うたまっぷ