歌詞

東京

SEAMO

作詞
Naoki Takada
作曲
Tomotaka Osumi

ここに来れば何かある そう信じ溢れる涙が

ここにあるのは夢? それとも希望? もしくは現実にある絶望

それでも探す結論 潤すための1杯の水を

ここで俺は一体何をしてるのか すっかり迷子

空を見る 高層ビル キラキラなのに澱んでいる

星の1つだって見えやしない 出てても俺には見えない

目に入る街頭ビジョンだけ 今日も誰か笑ってて

反対に誰かが泣いてて 混ざり合うスクランブル交差点


去りゆく人 また来る人 留まる人

誰が正解なんて分からない


ビルに巻き込む東京の風が 儚い夢掠ってゆく ひゅるりひらひら

24時間眠らない風が 冷たく夢嗤ってゆく ひゅるりひらひら

強がってみせて それでも泣いて 都会の真ん中で立ち竦んで

風に任せ 風に巻かれ 明日はいいことあるのかな


この街の流れは 速過ぎる異様な眺めだ

複雑な電車の路線図 決して見つからぬ宝の地図

満員電車に乗れるだけで 速く速く歩けるだけで

すっかり人は都会面 元々は田舎者なのにな

みんな疲れていて でも強がっていて

涙隠し 泣いたところで 誰も拭いてくれないし

直ぐに乾く まるで砂漠 慣れちまった自分がいる

誰もが知り合い 誰もが他人 誰も知らなかった街


冷たい人 暖かい人 興味ない人

全部自分自身だと気付かない


ビルに巻き込む東京の風が 儚い夢掠ってゆく ひゅるりひらひら

24時間眠らない風が 冷たく夢嗤ってゆく ひゅるりひらひら

強がってみせて それでも泣いて 都会の真ん中で立ち竦んで

風に任せ 風に巻かれ 明日はいいことあるのかな


無表情な顔の建物 殺気立って歩いてる誰でも

いったいこれから何処へ? 行き先のない東京の風


去りゆく人 また来る人 留まる人

誰が正解なんて分からない


ビルに巻き込む東京の風が 儚い夢掠ってゆく ひゅるりひらひら

24時間眠らない風が 冷たく夢嗤ってゆく ひゅるりひらひら

強がってみせて それでも泣いて 都会の真ん中で立ち竦んで

風に任せ 風に巻かれ 明日はいいことあるのかな

提供: うたまっぷ