歌詞

青い春

back number

作詞
清水依与吏
作曲
清水依与吏

教えられたものだけじゃ いまいち完成しないんだ

計算は合ってるはずなのに 型にはめ込まれたって

きしんだレールの上だって 負けじと明日へと向かう


踊りながら

羽ばたく為のステージで 這いつくばっていても

踊らされてるのも 随分前から分かっていて

それでも それでも

また踊りながら 必死で生きているんだ 理想の未来なんて

用意されていない でもその中で願ってるのさ

ああ光を 光を


まぁいいやが増えたのは 大人になったからじゃなく

きっと空気の中に変なものを

俺らが考え過ぎんのを よしとしない誰かさん達が

混ぜて垂れ流しているんだろう


踊りながら

羽ばたく為のステージで 這いつくばっていても

踊らされてるのも 随分前から分かっていて

それでも それでも

また踊りながら 必死で生きているんだ 答え行きの船なんて

どこにもなくて でも逃げないで踊ってるのさ

正しいリズムじゃないけど


夢をみては打ちひしがれて

立ち上がってはまた憧れてさまよって

自分を知った気になって

また分からなくなるそんな

青い春と言う名のダンスを


踊りながら

羽ばたく為のステージで 這いつくばっていても

踊らされてるのも 随分前から分かっていて

それでも それでも

また踊りながら 必死で生きているんだ 理想の未来なんて

用意されていない でもその中で願ってるのさ

光に包まれるその日々を

提供: うたまっぷ