歌詞

時色

joy

作詞
天田優子
作曲
天田優子

鏡に映った

淡色に埋まっていたいのは

夢の続きを

一人で守っているから


あの日交わした

約束に待っていたのは

終わりという名の

悲しい結末だったなぁ


無関係に流れ動いてゆく

だって取り留めもないもの

そうやって仕方のないことのように済ますけど

どうやったって前に進めないよ

だって移ろいで行くけど

あたしにとっては今これ以上なかったはずなのに


落ちてく夕日の

光に染まっていたいのに

流れる時間に

立ち止まる勇気もないのさ


君ともしもう一度笑い合って

触れ合えたのなら

そんな夢物語 ねぇ

想いは遥か遠くへ消える

あの頃とは違うよ

どう言っても無駄だ


無関係に流れ動いてゆく

だって取り留めもないもの

そうやって仕方のないことのように済ましても

どうやったって前に進めない

それでも移ろいで行くなら

何も無かったみたいに笑うだけね

提供: うたまっぷ