歌詞

孔雀草

宇宙人

作詞
しのさきあさこ
作曲
しのさきあさこ

人肌程度に冷ましてよ

勾玉みたいに撃ってよ

50℃以下の日常

枯れ葉のように舞い落ちる


ぬるま湯程度の体温

沸点超えて怒鳴ってよ

蒸発しそうな室温

針のように香りたてる


八十八夜の蛍が鳴くように

87度の甘みは色をかえず


午前3時のテンションで小雨まじりの上り月

帰るまでは遠足よ 八十八夜の別れ霜


間髪を容れずに透かしてよ

慟哭して追いかけてよ

乾ききったアスファルトに

這い蹲ってあやまってよ


不埒な空虚をおしえてよ

ひなびた言葉であやつってよ

できすぎた虚声を注いでよ

最後の一滴まで


二十三夜の秘め事

鳴かぬ蛍が身を焦がす

87℃の甘さに蓋をして


午前3時のテンションで朝露籠りの今日の月

帰るまでは遠足よ 八十八夜の露時雨

午前3時のテンションで二十三夜の別れ言

帰るまでは遠足よ 八十ハ夜の別れ霜


誰か誰か見失ってよ

帰る瞬間名前消してよ

早く早く乗って

帰るまでは遠足よ

提供: うたまっぷ