歌詞

冷たい部屋、一人

小松未可子

作詞
atsuko
作曲
atsuko

冷たい部屋の隅に 射し込んできた夕陽だったら

近づいてみても感情は無くて 裏切りも無い


今日も明日も一人で きっとそれが普通のことで

交わす言葉も無く 一日を終える時


例えば 優しさはどれくらいの

ぬくもりかも知らないで

そんなにそんなに簡単じゃない

心の距離


冷たい部屋の隅に 小さくなったまま


変わること恐れて 変わらないこと諦めて

流されてるフリして 私が決めてるだけ?

それだけ?


明るい世界が窓の向こう

広がってるの見えるよ

この手でこの手で 触れるのかな?

現実の距離


優しさ

ぬくもりさえも

向こうに

見えてる?


冷たい部屋の隅に 転がってる心の鍵を

今はまだね 見て見ないフリ ずっと在るのにね

提供: うたまっぷ