歌詞

会いにいくよ

wacci

作詞
橋口洋平
作曲
橋口洋平

扉が閉まりかけてから 降りるはずの駅と気付く

いつも気持ちとは裏腹 どうして伝わらないんだろう


不自由おしつけあい すれ違ってばかりなのに

ため息また一つ思う 何よりずるい笑顔 君をやめられない


いつだってどこへだって行くって 君のためなら

いつだって何にだってなるって 思えるんだ

どこで何をしてても また君の顔を浮かべてる


あと100年 君と過ごしたって足りないから

四六時中君を想ったって飽きないから

生まれ変われた時も また 君のことを探せますように


窓を滑るあの月から 何億人が見えるだろう

僕が涙を流しても 輝きは衰えぬまま


「昨日はどうだった?」君の身に起きた出来事

誰より一番近くで 感じ続けていたくて それしか出来ないけど


ありったけの言葉使ったって 足りないから

あらゆる君に恋してしまって 溢れだすよ

次の駅に着いたら すぐ君の街へ 走っていくよ


君を諦めない


いつだってどこへだって行くって 君のためなら

いつだって何にだってなるって 思えるんだ

どこで何をしてても また君の顔を浮かべているのさ


あと100年 君と過ごしたって 足りないから

四六時中君を想ったって 飽きないから

生まれ変われた時も そう 君のとこへ 会いに行くよ

提供: うたまっぷ