歌詞

ユーロ危機

KOJIMA

作詞
KOJIMA
作曲
功三郎/KOJIMA

右へ左へバランスボールの上 乱高下する世界情勢

どこか不透明で裏ありそうで ポジショントーク よく落ちるフォーク

仕掛けの火種は地下から送信 監視緩んだ早朝にドーピング

激震拡がる頃には次の一手 かき回す隙を狙って

弱者は必死 強者も必死 せめぎ合いほつれ 今日も不一致

対岸の火事と考えてたら 体感した時 対策とれず

助言求めた先が狂犬とは 意外によくある罠 カウンセラー

じっくり考える時間もないまま 決断は突然に迫られるから


みんな行くからあいつも行った わけもなくいった 透明人間

夢から醒めたとき現実は何歩 追いつくためにまた耳がダンボ


描きかけのデッサン ポイっと捨てて散歩

帰ってきて また描くデッサン またポイ

完成を見ずに 関係を絶った 哀れに繰り返すぶん投げ症候群

止まることない時代 地球経済 捕まえた気がしたどっかの世代

膨らんだ風船はパーン いつでも吸って吐くから生命はダンス


描きかけのデッサン ポイっと捨てて散歩

帰ってきて また描くデッサン またポイ

完成を見ずに 関係を絶った 哀れに繰り返すぶん投げ症候群

止まることない時代 地球経済 捕まえた気がしたどっかの世代

膨らんだ風船はパーン いつでも吸って吐くから生命はダンス


だれもいない砂漠に木を植えて オアシスが出来たら徐々に人が増えて

便利な街へと発展 娯楽もあって 苦楽は共に

そこに現る略奪者達 甘い誘いと黒い噂を 清い心に邪の気を植えて

ある日境に 多数が反転

揺らいだ安全 気付くのに何年 じわりと扇動 王国完成

システム作り 錬金術に勢力あげて 貧民作り

ぽつりぽつりと人が去ってく 逃げられない民をおいて去ってく

そして略奪者達も次へと向かう 王国も砂漠に帰る


描きかけのデッサン ポイっと捨てて散歩

帰ってきて また描くデッサン またポイ

完成を見ずに 関係を絶った 哀れに繰り返すぶん投げ症候群

止まることない時代 地球経済 捕まえた気がしたどっかの世代

膨らんだ風船はパーン いつでも吸って吐くから生命はダンス

提供: うたまっぷ