歌詞

ジュリアナ

ダウト

作詞
幸樹
作曲
威吹

ギラリとした欲望に吠えた

眠れる獅子が目を覚ます

とがめないで飼い殺しにして

鬼は内、福は外かな


毒を以って毒を制すか 夜明けのカラスだらけだな

せいぜいおんぶに抱っこでいな ほら舞って恥こそ知れ


晴れ舞台とかどうですか 後の祭りでなんですが

外野はほっとけ俺の人生だ

潮時の交差点を遠ざけるのはいつだって

君という光


そうさ昨日の敵は今日の味方です

笑顔の裏は真っ黒け


満を持しての登場です 夜更けはカオスの横行だ

せいぜいヨイショと戯れてな ほら酔って仇こそ知れ


出る釘は打たれても 出端はくじかれても

ダイヤは磨けどれも上等だ

これでも命張ってんだ0から築く発展だ

止めどない罠


浮世の馬鹿さ加減を賞賛 夜通し固唾を呑むのさ

ふんぞり返っていい気なもんだ ほら散って華こそ知れ


晴れ舞台とかどうですか 後の祭りでなんですが

容赦はするな俺の人生だ

確信が糧となって 独自のメロディーとなって

君へと繋ぐ

提供: うたまっぷ