歌詞

夢に唄えば

Galileo Galilei

作詞
尾崎雄貴
作曲
Galileo Galilei

押しては返している青に揺られて

雲が船を漕ぐ夏の空には

白い馬駈ける朔のゆりかご

君の物語で眠ってしまうよ


アラームは僕たちの首根っこに輪をかけて

引っ張っては笑って怒鳴ってるよ

しつけのできない犬は

丸くなって夢を見るだけさ


Tonight

おどけて歌うのさ今は

Tonight

やり過ごすだけでいいから


欲張ってまだ足りない

そんな人生

何度か見ていると同じ話さ

熱にうだっている夏の線路は

冷めた風の吹く夜を待っている


抜け殻で建てた家の窓飾り立てて

中から君は僕に手を振って

磨かれた窓が映した

朝焼けと溶けあい微笑んだ


Tonight

転がっていくような感じで

Tonight

なるようになるだけなのさ


Tonight

提供: うたまっぷ