歌詞

孤独な星空

AKB48(team A)

作詞
秋元康
作曲
亀井登志夫

暗闇の中 手探りしながら

微(かす)かな光 求めた

心の森に迷い込んだのは

あなたと出会った日から


教えて 流星たちよ

どれくらい この場所で待てばいいの?

かけがえのない愛のために

今はただ 孤独な瞬間(とき)を見上げて…


薄紫の夜明けの近くで

空に希望を見つけた

もし抱きしめてもらえなくたって

あなたがそばにいればいい


お願い 流星たちよ

愛しさを永遠に輝かせて

いくつもの雲 覆われても

ため息が風になり届く幻


かけがえのない愛のために

今はただ 孤独な瞬間(とき)を見上げて…


愛し合うこと

奇跡と呼びたくない


何も見えない

遠くのその光よ


愛し合うこと

それはいつも運命


星は静かに

その日を待っているの

提供: うたまっぷ