歌詞

同じ月を見ている

谷山浩子

作詞
谷山浩子
作曲
谷山浩子

どこか 知らない町

知らないアパートの部屋

眠れずに月を見ている

誰か 名前も知らない人


ひとり 髪を洗う

ひとり 机に向かう

別に 淋しくはない

ただ 胸さわぐ 今夜はなぜか


今夜 同じ月を

違う場所で見てる

たぶん一度も 会うことのない

あなたとわたし


伝えたい 元気でいると

伝えたい 元気でいてと

心が 静かに溶けて

今 流れ出す あなたへの歌


世界に 数えきれない

ひとりが 今日も生きてる

泣きながら 笑いながら

迷い うつむき とまどいながら


今夜 同じ月を

違う場所で見てる

ひとりひとりの ひとりの思い

夜は抱きしめる


伝えたい 元気でいると

伝えたい 元気でいてと

心が 静かに溶けて

今 流れ出す あなたへの歌


生きている それだけでいい

生きている それが奇跡と

思える時がくるまで

今 この歌は あなたへの歌


この歌は あなたへの歌

提供: うたまっぷ