歌詞

千年桜

普天間かおり

作詞
普天間かおり
作曲
普天間かおり

悲しみの風はいつしか頬伝う涙を拭い

歩き出そうとする背中をそっと押すでしょう

巡る季節の中で何かを失くしたとしても

胸に刻んだ思い出たち 消えはしない

手と手つなぐような桜並木 忘れたくない想い伝える

花が咲く 夢が咲く 未来へ向かうその人生(みち)に

百年先も 千年先も 祈りは時を超えて


春が訪れるたびに桜の花咲き誇り

あなたへの愛おしさ 胸にあふれ出すでしょう

移り気なときの中で心の道に迷ったなら

大切なこと見失うなと導いてほしい

心つなぐような桜並木 忘れないものここにあるよと

花が咲く 夢が咲く あなたが歩むその道に

百年先も 千年先も 祈りが届くように


花が咲く 夢が咲く 未来へ向かうその人生(みち)に

百年先も 千年先も 祈りは時を超えて

祈りは時を超えて

提供: うたまっぷ