歌詞

レキオス

普天間かおり

作詞
普天間かおり
作曲
普天間かおり

今 舟を漕ぎ出す旅人よ その行く手は地図にはない

羅針盤さえない 頼るのはあの南十字星

寂しい夜は思い出して 帰りを待って祈る人を

いつか両の腕の限りに抱きしめ合う日が来ると

風が凪いでも嵐の夜も 信じた夢をそのまま行くがいい

希望を乗せた舟は波間を切って走る

果てなき海の彼方 あなたに幸あれ


きっと戻って来るその日まで 庭の赤花 枯れないように

子供らの瞳曇らぬように 守り続けると誓おう

私にもしものことがあっても あなたへの愛 消えはしない

あなたを想い育てた果実が燃えるように実るでしょう

風を味方に雨を恵みに いつも心は共にあるから

遠く離れていてもあなたを誇りに思う

まっすぐなまなざしよ 輝いていて


誰もが遥かな夢を目指す旅人


希望を乗せた舟は波間を切って走る

果てなき海の彼方 あなたに幸あれ

遠く離れていてもあなたを誇りに思う

まっすぐなまなざしよ 輝いていて

提供: うたまっぷ