歌詞

蓄音機

あさみちゆき

作詞
阿久悠
作曲
大野克夫

二人して 壁にもたれて

片膝立てたり だらりと伸ばしたり

言葉がなくなったから

林檎を食べながら

蓄音機で ショパンを聴く


このままで いいかしら

このままで 暮らしていて

未来に幸福が見えるかしら

ふと 心をよぎる心配も

いいえ いいえと首をふる

あなたは やさしい

ショパンよりも やさしい


壁ぞいに 場所を移して

あなたの隣へ いつしか身を置いて

今夜も怒ったような

横顔盗み見て

蓄音機で ショパンを聴く


だんまりで いいかしら

何かしら話さなくて

たしかに愛したと云えるかしら

また 囁きかける不安にも

いいの いいのと嘘をつく

あなたは やさしい

ショパンよりも やさしい


また 囁きかける不安にも

いいの いいのと嘘をつく

あなたは やさしい

ショパンよりも やさしい

提供: うたまっぷ