歌詞

コトノハピネス

nanoCUNE

作詞
山下智輝
作曲
山下智輝

目に見えない 電波に乗せたアイを

距離を越えて 君のところへ飛ばす

親指から 与えられた暗号

時を越えて 君のところへ届く


それから何分たったのかな?

そこまでもう来てるといいな


一瞬、空からハピネス降り注いだよ

その光は私の携帯電話(窓)をね

Ring Ring鳴らして君の言を伝るよ

この瞬間が愛しくて またコトノハを送る


思い込めて 綴る言葉の数に

比例をして 募る君への想い

親指から 溢れ出した暗号

時を越えて 君のところへ届け


あれから何秒たったのかな?

そろそろもう来てるころだ


一生このままハピネス降り注いだら

その未来は私の携帯電話(窓)をね

Run Run鳴らして君とずっと一緒だよ

この瞬間を抱きしめて またコトノハを送る


どんなに遠く離れてしまったとしても

君の声はここまで届いているから


一瞬、空からハピネス....

その光は私の携帯電話(窓)をね

Ring Ring鳴らして君の言を伝るよ

この瞬間が愛しくて またコトノハを送る

提供: うたまっぷ