歌詞

躊躇いシャッフル

MERRY

作詞
ガラ
作曲
結生

くわえ煙草に火を点けて 吸えないタバコふかしてる

アナタの言い訳よりも 流行(はやり)の歌の方がまし

「目の前のミルクティーも、もう冷めてるの気づいてる?」

「今じゃあの頃の二人、何処にも見当たらないでしょ?」

だから だんだん…こじれて、そして どんどん…離れて

どんどん…離れていく彼の姿見つめ…僕は背を向け

何も言えないままで…「バイバイ…また此処で逢いましょう…」


いつもなら笑って話せてたこの言葉

「でも今は皮肉にしか聞こえないのあなた!!」

「多分…これで…終りやけど…ずっと待つよ…いついつまでも…」


今も胸に残ってる彼女(キミ)がくれたプレゼント

僕が君にあげた物…それは…それは、絶望という名の明日


二人の曲聴き 駐車場に車停め

彼を待っていた…他に何があるでしょうか?

急に降りだした どしゃぶりの雨、アタシの心の雨さえ…

もうワイパーじゃ拭えない…


今も胸に残ってる彼女(キミ)がくれたプレゼント

僕が君にあげた物…それは…それは、絶望という名の明日


愛した人よ胸に眠れ…忘れたくない アンタのことを

愛した人よ胸に眠れ…過ごした夜の数だけ…

提供: うたまっぷ