歌詞

かみつれを手に

ChouCho

作詞
ミト
作曲
ミト

この先に何が待っているんだろう

時報の音に混じってつぶやいた

きみの横顔まぶしい夕陽に溶けていった


ほおずき色の空と黒い影

過去と今と未来を染めてゆく

切り絵みたいな景色をぼんやり眺めていた


はじまりはきっと 優しさから

おしまいもきっと 優しさから

このままふたり この場所から

手を重ね そっと手を離す

おたがいの想い 変わらないまま


きみの乗ったバスが通り過ぎる

乾いた音でクラクション響く


出逢った頃から同じはずだった

夕暮れがもう違って見える


はじまりはきっと 優しさから

おしまいもきっと 優しさから

ただ真っ直ぐな いとしさから

こぼれてく いつわりが一つ

ふたりを遠ざけてる


あれから ぼくらは 何かをなくしてしまったの?

いつから ああどこから ねえきみは気付いていたの?


はじまりはきっと 優しさから

おしまいもきっと 優しさから

このままふたり この場所から

手を重ね そっと手を離す

おたがいの想い 変わらないまま

それぞれの道を 進んでゆく きっと

もう一度はじまり 見つけるため


この先に何が待っているんだろう

ほおずき色が藍色に変わる

提供: うたまっぷ