歌詞

0-GRAVITY

GRANRODEO

作詞
谷山紀章
作曲
飯塚昌明

愛想笑いのspace

抜け出す思考にtrace

最終兵器到来目合う放物線

だから 0-GRAVITY


肩の荷は下りない こびりつく地層のように

ライトかヘビーか否かそんな問いも亡きモノに

対岸の火事なのにその身を削るほど

姑息なる偽善者の思い込みdisappear


いっそ枯れ落ちたい枝分かれ無重力状態

いつか訪れる特別な瞬間浮遊してもまだ

I got stay


むき出す愛憎へと

駆け出す未踏へと

孤独を悟る隙間は痛いけど

難解だって知ったって何回だって立ち上がって

上昇して落ちる速度に我が身を

ただ任せてるんだぜ


聞き分けのない事をただ繰り返してるだけ

舌の根の乾く前にさりげなく置いたtruth

明日さえ正しく見据えられないくせに

先走る正義感に馳せる想いはbleed


いっそこのまま全て失くしたっていいと

誰が為に思うんだ 浅はかなら歪むの嫌だ

No more disease


抜け出せない重力

切り離したいパトス

残響に混ざって揺蕩うはeternity

輪郭が歪んだって

敏感な理想があって

快楽より多めの自虐心を

弄ばせてるだけ


抜け出せない重力

切り離したいパトス

残響に混ざって揺蕩うはeternity

輪郭が歪んだって

敏感な理想があって

快楽より多めの自虐心は


むき出す愛憎へと

駆け出す未踏へと

孤独を悟る隙間は痛いけど

難解だって知ったって何回だって立ち上がって

上昇して落ちる速度に我が身は

最終兵器到来目合う放物線

だから 0-GRAVITY

提供: うたまっぷ