歌詞

流星飛行

羽多野渉

作詞
Kenn Kato
作曲
山下和彰

遮るものがなんにもないこの

本物のプラネタリウム

一直線に続く畦道は

帰り道の滑走路


ペダルで加速、

心を広げ、高く、高く、

舞い上がれ、空へ


流星群のシャワー浴びて

夢の翼を傾けろ

目的地は憧れのあの世界だ

その場所で待つのは

どんな自分なんだろう?


十人十色、ぼくらの数だけ、

星に願いを掛けたら


線で結んだ星座のように

物語りを描いてゆくんだ


流星のように駆け抜けて

燃え尽きてしまうとしても

その軌跡が未来を描き出すんだ

その宙(そら)にいれたら

名もなき星でいいんだ


無限に広がる世界が

ぼくらの真上にあるんだ

その奇跡を忘れてしまわないように

こうやって時々

ぼくは空を飛ぶんだ

提供: うたまっぷ