歌詞

アスファルトの花

岡本信彦

作詞
鳥海雄介
作曲
山元祐介

いつもの長い帰り道

アスファルトの間から

空へと手をのばすように

咲いてた花を見つけたよ


僕らは生まれた時から

アスファルトに蒔かれてた

自由に咲くこともできず

あちこち場所をさがしてた


シャカリキ生きてくことってさカッコ悪いなぁ… なんて

思ってた僕はきっと わがままだった ずっと


さあ ため息で吹き飛ばせ なるべく遠くまで

白い綿毛 アスファルトつきやぶるまで

もう ため息に飽きただろ 深呼吸したなら

白いシャツで 走りだせ 限りない地平へと

準備はできてる


どこまで遠くへ行けるか

どれだけ速く走れるか

いちばん大切なことは

僕が僕に負けないこと


シャニムニやろうよ 気取ってもカッコ悪いだけさ

自分の限界まで 試さなくちゃ 今は


さあ うつむいて見つけ出せ 光輝く種

力強く アスファルトつきやぶってく

さあ つきぬける青空の その先を目指して

力こぶし 握りしめ 思いきり叫ぶんだ


さあ うつむいて捜し出せ 光り輝く夢

目をこらせば アスファルト転がっている

さあ ため息で吹き飛ばせ なるべく遠くまで

白い綿毛 アスファルトつきやぶるまで

もう ため息に飽きただろ 深呼吸したなら

白いシャツで 走りだせ 限りない地平へと

準備はできてる

提供: うたまっぷ