歌詞

お花畑に連れてって

黒神めだか(豊崎愛生)

作詞
矢吹香那
作曲
矢吹香那

私はわたし 急には変えられない(思い込んで突っ走っちゃって)

生まれつきなの 仕方がないでしょ(誰もとめられない あ~ぁ)

何も恐れず挑戦できるのは(いつだって強気なlady)

君がいつでも味方でいるから(素直にありがと)


思い上がり?そんなとこも好きなんでしょ?

あきれながらでもワガママ聞いていてね


お花畑に連れてって 見渡す限り咲いた花を君と見ていたいから

本当の私 知ってるのは君だけだから 見失わないで側にいて


でもね時々不安にもなるの(他の誰にも言えない)

君が思うほど完璧じゃないから(普通の女の子 は~ぁ)

曲げられなくて強がっていても(いつだってみんなのヒーロー)

君はいつでも私を見抜いて(素直になるから)


甘いギャップ そんなとこもイケテルでしょ?

すぐハチャメチャする私を離さないで


お花畑に連れてゆくわ 見渡す限り咲いた花を君に見せてあげたい

本当の君を 知ってるのは私だけでしょ? 恥ずかしがらずにうなずいて


「毎度毎度お騒がせ、見てるこっちはヒヤヒヤ」

最大のピンチに浮かぶのはあなたの顔だから


大切なこと忘れないで 君がひとりで うつむいてしまっても 私がいるよ

お花畑を走り回って見つめ合ったら 夕陽沈むまで側にいて


結局わたし君に夢中みたい

提供: うたまっぷ