歌詞

Just One

吉井レイン

作詞
新藤晴一
作曲
中村タイチ

遠くで夏の終わりを告げる雷鳴が聞こえる

ひとりなら泣いていたかもしれない


いまボクの横 寝息を立てるキミ

唯一大切なことをちゃんと知っている


あの雲がここにも雨を連れてきても

ボクらの未来をまるごと覆い隠しても


いつでもそばにいたいよ with you キミの温もり

ずっと頬に感じていたい

もしボクの想いが

わからなくなって不安な そんな夜はこの胸に

耳をあてて欲しい


あの雲の切れ間に青空が見えたら

ボクらの未来を見渡す虹が架かるだろう


言葉で今伝えたい Just one 臆病だった

ボクに勇気くれてありがとう

もしキミの気持ちが

との広い世界の果て迷い子になってしまっても大丈夫 be with you

すぐに虹を越えゆくよ

提供: うたまっぷ