歌詞

紫のドレス

秋元順子

作詞
小椋佳
作曲
小椋佳

涙が 歌になるような

悲しい 恋はやめて

二人だけの ゲーム遊ぶような

楽しい 恋にしましょう

大切な 紫のドレス

たまに着る 気分でいたい


あなたは どちらかと言えば

わたしに 似てて不器用

時折ふと あなたが真っ直ぐに

わたしを 見たりすると

遠い日の 胸の痛み浮かび

崖のふち 立つもの想い


このまま 二人が それぞれの心に

安らぎとか 夢とか

思いやりや 憩いを 残せるなら


涙が 歌になるような

悲しい 恋はやめて

二人だけの ゲーム遊ぶような

素敵な 恋にしましょう

大切な 紫のドレス

たまに着る 気分のままで

大切な 紫のドレス

たまに着る 気分のままで

提供: うたまっぷ