歌詞

エピローグ

FLYING KIDS

作詞
浜崎貴司
作曲
浜崎貴司

くちづけをする少し前の瞬間とか

移りゆく季節を告げる空気とか

鳥が空で広げてる羽のかたち

芝草に寝ころんでる時の痛み


彼女と見つめ続けてるそんな景色

ふたりでわざと踏む秋の枯葉の音

冬が来て雪ひとひら頬に落ち

許されるだけの夢をたくさん語る


ああ・・・ ああ・・・


軒先でくつろいでる春の陽射し

嘘もなく ただ愛だけ感じていたい


夏に重ねる肌と肌 熱き心

海の底でさえも消えぬ永久の炎

ただ「好き」と言えぬ人に寄せる想い

憎しみを忘れさせるやさしい声


ああ・・・ ああ・・・

提供: うたまっぷ