歌詞

東京ダイヤモンド

加藤和樹

作詞
田中明仁
作曲
田中明仁

さよならが 背中に突き刺さる

静かに君は部屋を出てゆく


今ならばまだ間に合うはず プライドが邪魔をしてる

東京午前二時


このまま このまま そばにいて

それが言えたなら 針をもどして


イナズマがつらぬいた あの夜のままで

二人いれたなら 裸のまま

ダイヤモンド ぶちまけた 街を見下ろして

もう一度言うよ 愛してた


何も無い あの部屋で二人

語り明かした 夢のあとさき


手に入れたガラスの摩天楼

大切なのは 君の笑顔だったのに


いまさら いまさら 戻れない

色あせてしまったrose 愛の残り香


いつまでも いつまでも 変わらないままで

二人いれたなら 子供のまま

ダイヤモンド 夢見てた 日々を忘れない

もう一度言うよ 愛してた


このまま このまま そばにいて

それが言えたなら 針をもどして


情熱で 噛み付いた 青春のままで

二人いれたなら 無邪気なまま

ダイヤモンド 歪んでいる

街を見下ろして

最後に言うよ 愛してる

提供: うたまっぷ