歌詞

oar

Any

作詞
工藤成永
作曲
工藤成永

年中無休で回る世界の歯車は 絶えず誰かを犠牲にして

あなたが居なくても誰かが居る 泣いてすがっても見向きもしてくれません


気づいてないフリも出来ないから 冷めた顔してても本当は必死で

たった一人で作り上げた王国で 敵も分からないまま戦争続けている


同じ名前の不安を知ってて良かった 笑いながら誤摩化し合えるから

だけどそろそろ終わらせなくちゃ 気休めのテントの杭は 直ぐに抜けてしまうよ


あなたとの記憶のプールで見つけたオールで漕いでいく

そしてあなたも僕の知らない記憶の中を進んでいく

新しい景色の中で 心の鍵を無くしても 好きな花を見つけたなら ちゃんと感動していたい


汚い言葉を吐いて捨てた それをうっかり他人に聞かれて

焦って取り繕って余計に恥ずかしい 愚かな人間を作ってしまった


自分には無い素敵なものを 他人が持っていれば羨ましくなってしまう

欲張りな獣 無いものねだりと分かっているのなら らしさを決めつけないで


あなたが選んだボートの上で聴こえる風はどんな音

騒がしくなって耳を塞いだ その手の温度も奪われて

闇のほとりで迷子になってよ いつか同じ場所で迷った時には恐怖も光になってくれる


同じ世界の何処かで 呼吸を続けて居てくれるなら

また出会えるんだ 見つけたんだから 声を知っているから


あなたとの記憶のプールで見つけたオールで漕いでいく

そしてあなたも僕の知らない記憶の中を進んでいく

びしょ濡れになった服を乾かしながら 今にも消えそうな虹を見つめながら

いつか終わりが来るその時まで どうか今を殺さないで ちゃんと感動していて下さい

提供: うたまっぷ