歌詞

ハミングバード

アナログフィッシュ

作詞
佐々木健太郎
作曲
アナログフィッシュ

早朝、ラッシュアワーのKOライン

彼女はサラサラの髪を結んで

走り出す改札がスタートラインで

寝ぼけた都会へ踏み出していった


『大嫌い。この街も、人も、自分も。』

街を出た。5年前の夏の話。

出かけよう ハートが壊れそうな夜に

歩きだす大好きなうたを歌って

『いつかは、世界を抱き締めながら上手に笑えたらいいな。』って言った


大人達に手渡された地図や、言葉、モラルじゃ止めてくれない涙の訳を

君はハートのドアを開いて覗いてみる。深く。深く。


彼女は『変わろう』って思ったその時

"変わらない弱さ"を許せる気がした。


動き出す人が行き交う交差点で

彼女は鮮やかにステップ決めた

あの日と変わらない希望を歌って

ゆっくり世界を抱きしめた時

彼女はあの日より大人になった

歩きだす今日もスタートラインに立って

提供: うたまっぷ