歌詞

刺繍を胸に

森山良子

作詞
鈴木慶一
作曲
鈴木慶一

西日が差し込む この部屋は

歴史や記憶が 歩きまわる

体を流れる 風が歌う

若さとは なんだったんだろう


ほどけない糸や すり切れない

刺繍のようなものかしら


胸の裏側に 張り付いて

朝日が 夜を 砕く時に

ほつれだす

提供: うたまっぷ