歌詞

枯れない花

秋元順子

作詞
秋元康
作曲
鈴木キサブロー

月が欠ければ 欠けた分だけ

元のかたちを 思い出すのよ

夜の長さを 持て余してる

あの日の悔いが ため息になる


あなたがいない この部屋に一人

こんな広かったかしら…


窓辺の花よ 水をあげないのに

どうして今でも 咲き続けるの?

心の花よ 愛はもうないのに

まだ枯れないまま 何を待つの?


腕の長さを 覚えているわ

背中辺りを 寂しく思う

夜が更けても 眠れないのは

同(おんな)じ夢を 見たくないから


目覚めた時に 手を伸ばしてみても

触れるぬくもりが消えた


窓辺の花よ 未来がないのに

どうしてそんなに 綺麗でいるの?

記憶の花よ 愛の通りすがり

ため息の風に 揺れてるだけ


窓辺の花よ 水をあげないのに

どうして今でも 咲き続けるの?

心の花よ 愛はもうないのに

まだ枯れないまま 何を待つの?


忘れられない その愛しさが

窓辺の花を 育てているの

カーテン開けて 光の中で

水の代わりに 接吻(くちづけ)を…

提供: うたまっぷ