歌詞

もしも僕がシェフなら

OverTheDogs

作詞
恒吉豊
作曲
恒吉豊

もしも僕がシェフなら

君の住んでるアパートの

そばの公園の人通りの少ない

あの辺りに店を開く


もしも僕がシェフなら

白い白いカーテンと

赤い絨毯と光る磨いたグラス

そして君の注文を受ける


君の名前を呼ぶだけで僕は

何かが始まって何かが終わる

君のそばで何かできることが

僕にとっては嬉しいな


もしも僕がシェフなら

君の苦手な食べ物も

きっと口に合うそんな味付けにして

そして君のテーブルに運ぶ


味は落ちてしまわないように

鮮度は落ちてしまわないように

窓は大きめで音楽は僕の好みで

もしも僕がシェフならの話


君が名前を呼ぶだけで僕は

何かが始まって何かが変わる

君のそばで何かできる僕は

僕は幸せを感じる


君の名前を呼ぶ度に僕は

何かが始まって何かはじけ飛ぶ

君のそばで何かできることが

僕にとっては嬉しいな


もしも僕がシェフなら…

提供: うたまっぷ