歌詞

ある朝目が覚めたら

センチメンタル・シティ・ロマンス

作詞
告井延隆
作曲
告井延隆

ある朝目が覚めた時 何もかも夢のまま

青い眼が流し目で 熱い胸おしつける


突然日が暮れてゆき 星空が拡がった

甘いときめきが 胸いっぱい Oh!


クチビルをあわせたら あの娘は風船に変わってた


ある朝目が覚めた時 何もかも夢のまま

ボールのような地球が 遠くに浮かんで見えた


ひとりきりオリオンまで 10年の長い旅

僕は寂しくて 泣きそうさ Oh!


急にライトに照らされ にぎやかな外野席に落ちた


昨日の夜 飲みすぎて 頭がズキズキ痛む

もう少しだけ 寝かせてよ お願いさ 何でもするから


ある朝目が覚めた時 何もかも夢のまま

破裂したバクダンが 右足を吹き飛ばす


銃だけは離さずに 敵前まで這っていく

痛みなど感じない 祖国のため Oh!


君の名を叫んだら 頭に枕が飛んできた


LA LA LA

LA LA LA

提供: うたまっぷ