歌詞

サマー☆ビーチ☆パラソル

ザ・コレクターズ

作詞
加藤ひさし
作曲
加藤ひさし

ボクらが何をしてても 変わらず夏はやって来る

焼けた浜辺 素足で 飛び跳ねて はしゃぐ子供たち

キミが何を着てたって 口説き上手なお陽様が

胸のボタン はずして 汗ばんだシャツを剥ぎ取って

水着を揺らし 夏が始まる


サマービーチパラソル パッとひらいて

灰色のビーチに花が咲く

サマービーチパラソル キミと隠れて

海をながめるキミを ながめていたい

誰にも言えない 恋する想い

ここなら言えそう ふたりのパラソル


ガリオン船と沈んだ 宝石の行方よりも

キミの指輪 気になる それは誰かのプレゼント?

夏は恋の季節だと 昔からみんな言うよに

シャイなボクを 太陽が ハイな男に変えて行く

波を蹴飛ばし 恋を始めよう


サマービーチパラソル 風に揺れて

ブロンズのビーナス ビーチを駆ける

サマービーチパラソル みんな隠れて

ひと夏の恋ってやつで 胸がふくらむ

いけない恋も 出来たての恋も

燃え尽きるまで 隠してパラソル


サマービーチパラソル パッとひらいて

サマービーチパラソル トキメキでゆれて

サマービーチパラソル 夕陽に燃えて

サマービーチパラソル キミと隠れて

海をながめるキミを ずっと ながめていたい


誰にも言えない 恋する想い

今なら言えそう ふたりのパラソル

キミとボクのパラソル

提供: うたまっぷ