歌詞

さよならのかわりに

新垣勉

作詞
谷山浩子
作曲
谷山浩子

僕の手に触れてみて きみの手とひとつになる

静かにかよいあうもの これが生きている温かさ


どんなに離れても きみをずっと覚えている

どこにいても 信じていて 僕はいつもきみと生きている


会えない朝も昼も 疲れて眠る夜も


生きていく街の中 たたずむ人混みの中

見上げればそこには空がある きみと同じ空を見る


何を見ても聞いても きみのことを思うだろう

いろんなことがあるたび きっときみに語りかけるだろう


かわいた風の中で やまない雨の中で


どんなに離れても きみをそばに感じるだろう

淋しいかい 僕も同じだよ だけどもう歩き出そう


心で抱きしめるよ さよならのかわりに


僕の手に触れてみて きみの手とひとつになる

静かにかよいあうもの これが生きている温かさ


どんなに離れても きみをずっと支えている

くじけないで 信じていて 僕はいつもきみと生きている


くじけないで 信じていて 僕はいつもきみと生きている

提供: うたまっぷ