歌詞

光る風

渡辺美里

作詞
渡辺美里
作曲
川村結花

一番星みつけた

ビルの窓に

Yシャツの襟元に


一番星みつけた

瞳の奥に

駅前の雑踏に


懐かしい人の名を呼ぶように

切なさとか 愛おしさ溢れて

毎日が輝きだす


光る風 時を旅して

夕映えが町を染める頃

きらきらと 香りのしずく ひとつ

ココロに伝うよ


今日の日が もっと素敵に

何度でも歩き出せるように

帰りたい あなたのそばへ いつも

光る風が そっと包むように


一番星みつけた

その笑顔に

少し困った顔に


一番星みつけた

歩道橋で


遠いふるさとの空に何気ない出来事に揺れる気持ちも

自分の良さ 自分の弱さも

毎日が輝くとき


花あかり 季節を映し

住み慣れた町を飾る頃

さらさらと 花のしずくが ひとつ

ココロに伝うよ


明日の日を夢見ていたい

何度でも言葉を重ねて

悲しみに出会うたびに いつも

光る風が そっと包むでしょう


光る風 時を旅して

夕映えが町を染める頃

きらきらと 香りのしずく ひとつ

ココロに伝うよ

今日の日が もっと素敵に

何度でも歩き出せるように

帰りたい あなたのそばへ いつも

光る風が そっと包むように


光る風が そっと包むように

提供: うたまっぷ