歌詞

ふたりの秋み~つけた

丹下桜

作詞
さくら
作曲
前澤ヒデノリ

ごく平凡な 毎日のリズムできあがって

センチメンタルな秋はもう 今年はこない


だけど それも 気に入っているわたし

きみとならね

ふとした瞬間に


街路樹がいろづき 吐息が白くなる

すこしずつの変化 おだやかに見送るの


手袋をしてない 手と手をつないだら

それだけであったかい

小さい秋み~つけた


今年の秋は ずいぶんと気が早いみたい

木枯らしの背に乗って街を 駆けめぐるよ


だから わたし お迎えの準備に

追われ そして

楽しみにしている


ハロウィンのパーティーは おかしを用意して

いたずらおばけ役の きみが来るのに合わせ


かぼちゃのパイを焼き カフェ・オレをいれたら

さあ いっしょに食べよう

おいしい秋み~つけた


編みかけのマフラー どこで買ったのよ?と

誰かに聞かれるよう

作ってみせるからね


ためしに ふたりして ぐるぐる巻いたなら

きっとずっとあたたかい

小さい秋み~つけた


ささやかなしあわせ

ふたりの秋み~つけた

提供: うたまっぷ